Crypto Flyer(クリプトフライヤー)【白石寛孝】

ネットビジネス

佐々木です!
早速ですが今回の案件オファーは悪質ですのでお気をつけください!!

・毎月月利5%を稼ぎ続ける
と謳う、細川隆二氏のCrypto Flyer クリプトフライヤーを検証します。

Crypto Flyer

①『月利5%』のカラクリ
②『クリプトフライヤー実績』の注意点
③『全額返金保証』の注意点
④細川氏の実績と真の狙いは?

仮想(暗号)通貨のサイン配信ツールです。
初期費用:9980円
月額費用:5980円 が必要です。

①『月利5%』のカラクリ
案内には、
・毎月月利5%を稼ぎ続ける
と書かれています。

ここで注意すべき点は、
月利5%の内容です。

つまり、月利だけでなく、
週ごと、日ごと、トレードごと
の利益がどうなのかが
示される必要があります。

例えば、
月利は最終的に5%に到達しても、
途中で大きくマイナスとなる
週や日があったのでは、
安定性や継続性に欠けると
言わなければなりません。

なぜなら、
途中の赤字に耐えられず、
追加の投資が出来なくて、
それ以上
継続して使用できない人も
出てくるはずだからです。

案内には1日のトレードにおける
資産の変化の図が示されています。

しかし後にも触れますが、
これらのデータだけでは不足です。

クリプトフライヤーを
より客観的に評価するには
・過去に何人が実践し
・元手はいくらで
・どれほどの期間で
・それがどう変化し
・最終利益になるのか
に関する統計的なデータが必要です。

それが示されて初めて、
安定して、継続に耐える手法なのか
が判断できます。

『クリプトフライヤー実績』の注意点

案内には、Crypto Flyerの実績として、
1日の中での資金の変化と、
1月の中での資金の変化が
図にして示されています。

これらはいわゆる「資産曲線」
と呼ばれる図です。

トレード手法の評価には
欠かせない大事なものです。

なぜなら、
資産が変化してゆく様子が
一目瞭然だからです。

特に、
途中でどれほど赤字が出るのか
が分かるのが重要です。

示されたのは以下の実践者たちの
資産曲線です。

62歳男性 +23160(1日)
32歳男性 +61250(1日)
48歳男性 +165340(1日)
39歳女性 +241820(1月)
42歳女性 +394510(1月)
46歳男性 +634890(1月)

となります。

しかしこれらは簡単に、
加工し作図することが可能です。

事実であると言う裏付けに欠けます。
鵜呑みにするのは危険です。

仮にもし事実であるとしても、
5人だけの実践結果に過ぎません。

今後多くの人が参加した場合
同じような成果が得られる
根拠が示されているわけではありません。

それには、
上にもお伝えしたような、
より客観的に評価できる統計データ
が必要です。

注意すべき点がもう一つあります。

それは、
・平均すると月利5~8%の利益
と書かれていますが、
何の平均なのかが示されていない
点です。

つまり、
・1か月間、複数の実践者が
実践した利益の平均なのか
・数カ月あるいはさらに
長期にわたって実践した
利益の月平均なのか
が示されていないのです。

もし、
複数の実践者による
1か月間だけの実績の平均であるなら
長期にわたる安定性は期待できません。

複数の実践者が、
十分な期間(例えば数十カ月)
実践して得た、利益の平均が
月利5~8%なのかどうかを
確認することが大切です。

特商法に基づく記載には
・本商品に示された表現や
再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を
保証したものではございません。
と書かれています。

法律上、
利益は保証されないことに、
十分ご注意ください。

『全額返金保証』の注意点

・全額返金保証
が謳われています。

しかし、
その条件に注意が必要です。

書かれている条件は、
・Crypto Flyerを
3か月以上実践して
平均月利5%を得られない場合
当該商品代金を全額返金致します
・ただし1000回以上の取引が条件で
全ての取引の証明(キャプチャ等)
が必要
となります。

1000回に至るトレードの途中で
大きな赤字が発生し、
追加の資金を投入できなくなる
ことは十分にあり得ます。

それでも1000回まで
トレードし続けなければ
返金の対象にはならないのです。

しかもすべてのトレードの
記録提出が条件なのです。

これは現実に可能な条件とは
言い難いと考えます。

細川氏の実績と真の狙いは?

細川氏に関しては、
ネット上でその実績を
確認する事が出来ませんでした。

しかし、
販売業者:SOL株式会社
販売責任者:白石寛孝氏
に関する情報は多く存在します。

しかしその多くは悪評です。

これまでに白石氏は、
・ACMシステム
・ACBシステム
などのバイナリーオプションや、
・ビリオネアキャッスル
などの仮想通貨関連の
商材を販売してきました。

時には社名が
・サムライ・パートナーズ
であったり、

時には住所が、
・東京都中野区東中野5-17-11
・東京都新宿区中落合四丁目20番12号
・東京都江東区佐賀2-5-6
であったりと、変わり続けています。

これらは、
一貫して安定した経営が出来ている
との裏付けには、なり難いものです。

また、
特商法に基づく記載には、
・お客様からご提供いただいた
氏名、メルアド等の個人情報は、
(中略)
第三者へ提供させていただきます。
ただし、
お客様から要請があれば、
当該お客様の個人情報について
第三者への提供を停止いたします。
と書かれています。

これは、
・無断でメルアドなどを
第三者に提供します。
・でも要請があれば
それを停止します。
とも読めます。

読者のメルアドは大変貴重です。

それがあれば、販売業者は、
メールで直接商材を
宣伝できるからです。

そのため、LINEやメルアドは
売買の対象にもなりますし、

読者から入手したLINEやメルアドに
様々な商材情報を発信し
読者がそれに登録してくれるたび
アフィリエイト報酬が得られます。

これが主たる目的の場合には、
最初に紹介する案件は、
さほど価値を持たない「エサ」
と呼ばれるのが一般です。

細川氏の案内がそうではない
とは言い切れませんので、
注意が必要です。

私もいくつものネットビジネスを見てきましたが、
このような

Crypto Flyer(クリプトフライヤー)【白石寛孝】

と同じような案件ばかりです!

特商法も曖昧な表現でごまかし、いざトラブルになったときには雲隠れできるような住所の記載・・・

ビジネスモデルもはっきり明かさず

【簡単】

【誰でも】

【無料で】

【毎日〇〇円稼げる】

などなど

冷静に考えればありえないような謳い文句で

本当にお金を稼ぎたいという方々に魅力的に見せつけて

段階を踏んでお金をむしり取る悪質案件!!

誇大広告も良いところですね!!

許せません!!

私が入手したこの案件の情報もLINEにてお伝えしていますので
気になる方はすぐにLINEよりお問い合わせください!!

タイトルとURLをコピーしました